おすすめ婚活パーティーまとめ

おすすめの婚活パーティーをまとめました。

すべて身分証の提示が必要な大手婚活パーティーサイトです。

世の中にはサクラがいたり、会費が異常に高かったり、運営の素人が開催しているようなインチキ婚活パーティーがたくさん存在します。

そのような悪徳会社にだまされないようにしてください。

 PARTY☆PARTY

もはや説明の必要のない超大手婚活パーティーですね。おおくの婚活ガイドサイトが、このパーティーを1位に挙げているはずです。

東証一部上場企業の株式会社IBJが開催しているという安心感、開催数の多さ、バラエティ、スタッフの数など、どれをとっても業界一でしょう。

様々な職業別・細かな年齢別など、ありとあらゆる種類の婚活パーティーのなかから、自分に合ったものを選ぶことができます。

カップリング率はなんと40パーセントを越えます。

しかもカップリングできなかったら全額返金保証。(※返金には対象パーティー・条件があります)。

 PARTY☆PARTY の公式サイトへ

 OTOCON

小規模パーティーで1対1でじっくり話したいという方にオススメなのがOTOCON。ほとんどのパーティーが少人数開催です。

参加者は全員独身証明書の提出が必須になっているので冷やかしは一人もいません。

友割・早割・誕生月割という3種類の割引があり、最大1500円割引されます。3種類すべての割引を併用して利用することもできます。

かなりムーディーでスタイリッシュな会場が多いので、雰囲気を大切にする人にはおすすめ。そういう場所で浮いてしまうかもという不安があるかたは、逆に3位のホワイトキーのほうがオススメ。

 OTOCON の公式サイトへ

 ホワイトキー

ホワイトキーは、中間印象の結果や最終結果から、あなたが好印象を与えられた人数・あなたが良いと思った女性がどの程度脈ありだったのかなどをコンピュータで解析するサービスを提供しています。

なかなか上手く行っていないという人は、ホワイトキーの婚活パーティーに何度か参加することによって、自分の評価を客観的に知ることができるし、そのことを次の婚活に活かすことができるでしょう。

ただ、大手婚活パーティーに比べると、ちょっと会場のクオリティやスタッフのレベルが一段下がるように思います。

しかし、それを逆にアットホームと考えられるならばオススメできるでしょう。

 ホワイトキーの公式サイトへ

婚活パーティーの選び方のコツ4選

自分にはどんな婚活パーティーが向いているのか、分からなくて二の足を踏んでいませんか?

今回は、自分に合った婚活パーティーで成功率をさらにアップ! 婚活パーティーの選び方のコツをご紹介します。

コツ1 婚活本気派は少人数のパーティーへ

「今すぐにでも結婚したい!」という婚活本気派ほど、出会いのチャンスを増やしたいと大規模な婚活パーティーを選びがちです。でもそれはほとんどの場合逆効果。実は少人数制のパーティーのほうが、1人1人とじっくり話すことができる分、出会いの質を高めることができます。

コツ2 恋活重視なら大人数もアリ

逆に「今すぐ結婚ってわけじゃないけど、相手がほしい」という場合、同じくらいカジュアルな意識で参加している人が多いのは大規模パーティーのほう。色んな人を見比べることができるという意味でも、選択肢の多い大人数制のほうがおすすめです。

コツ3 慎重派は年齢制限のあるパーティーへ

年齢制限のある婚活パーティーでは、必ず受付で身分証の提示を求められます。知り合いたい相手の年齢が絞れている場合はもちろん、「パーティーで出会った相手に年齢のサバを読まれていた」なんていう余計なショックを受けたくない方にも、年齢制限ありのパーティーはおすすめです。

コツ4 会話が苦手なら趣味つながりのパーティーへ

「初対面の相手とうまく話せる自信がない…」それなら、会話の取っ掛かりをつかみやすい趣味つながりのパーティーはいかがですか? 料理婚活・スポーツ婚活など、パーティー自体に具体的なテーマがあるものを選ぶと、作業をしながら「ついで感覚」で気軽に話すことができますよ。

今回ピックアップしたコツを参考に、ぜひみなさんも自分にぴったりの婚活パーティーを選んでみてくださいね!

婚活パーティーで使える!「趣味」からの会話の広げ方って?

婚活パーティーでどうにも会話が広がらない…なんて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

でも、コツさえ押さえれば案外簡単なものです。

今回は「趣味」に焦点を当ててご紹介します。

「趣味はなんですか?」なんていうのはお決まりの質問ですが、そこから会話を広げられていますか?

聞いたからには答えが返ってくるわけですが、答えが会話が広がりやすいものとは限りません。

読書・ショッピング・アウトドア・映画など、考えられる答えに対する応答はある程度考えておきましょう。

大切なのは内容を聞き出すことです。

読書なら「どういうジャンルを読みますか?」「○○(相手の好きなジャンル)は読んだことがないのですが、入門ならどんな本がいいですか?」など。相手の趣味が分からなくても、一歩踏み込んで相手の好きなものに理解を示すことが重要です。

おすすめを聞いたりする場合は、必ずメモを取ってください。連絡先を聞くことができれば、さらに「おすすめしてもらったやつ読んだら連絡しますね」など、次につなぐこともできます。
では「無趣味」と言われたらどうするか。

その場合「何をしているときが一番楽しいですか?」など、生活の中でのその人の趣味を聞けばいいのです。

食べているときならおいしいもの食べに行こうと誘うこともできるし、寝ることが好きな人には「枕」を見にいきませんか?なんて誘う口実も考えられます。

趣味を聞くというのは、相手の「好き」を聞くことなのです。

是非、趣味や好きなことから会話を広げてパートナーをGETしてくださいね。

こんな男性は嫌われる!婚活パーティーで女性がドン引きする行動3選

結婚につながる出会いを求める場の婚活パーティー。男性の中には足しげく通っている人も多く、百戦錬磨という人も珍しくありません。折角参加したからには意中の女性を射止めたいところですが、思ったように結果がでない場合は「行動」に問題があるかもしれません。女性は男性の態度をしっかりチェックしているんです。

特にこれからあげる3つのことには要注意。婚活パーティーでは立ち振る舞いが凄く重要なんです。

若くて可愛い子にだけ愛想が良い

もしあなたが若くて可愛い子にだけ愛想が良く、興味のない女性にあからさまに冷たい態度をとったとします。女性陣はその行動を決して見逃しません。結婚をしたい女性が求めているのはおばさんになっても愛してくれる人です。若く可愛い子にだけ愛想が良い=将来は冷たくされると、あなたがバッサリ値踏みされています。

店員への態度が横柄

店員さんへの態度が横柄な男性も要注意。女性はその瞬間にアウトのジャッジを下しています。強い立場になると横柄になる人はモラハラ予備軍。将来の家庭円満を夢見る女性陣からしたら最も避けて通りたい人物です。

自慢話が多い

男性は自慢話が大好き。職業、年収、学歴、人脈など自分の凄さをアピールすることで尊敬して貰える!と思いがちですが…その話ドン引きされています。会って間もない人の自慢を延々と聞かされるのは、男女を問わず苦痛以外の何物でもありません。それはどうぞ夜のスナックに行ってやってください。モテたければ反対の行動をとりましょう。逆に女性に沢山話をさせてあげてそして褒めるのです。

いかがでしたか?多くの女性が求めているのは相手を思いやり、気配りができる男性です。そこに高スペックが加われば鬼に金棒。ぜひここにあげた3つのことがらには注意をして婚活パーティーを楽しんでくださいネ。

口下手な人におすすめの会話術

「婚活パーティーに出ても、話すのが苦手だからうまくいかないかも……」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

会話は相手とのキャッチボールです。「会話が続かない」と悩んでいる人は、自分が話すことばかりを考えている可能性があります。大切なのは、相手に「この人と話していると楽しい!」と思ってもらえることです。

そのためには自分が興味を持っていることを一方的に話すのではなく、相手の話を聞くようにしましょう。

相手に話しやすいと思ってもらえるためのコツを3つ紹介します。

1.共感する

相手が話していることに、否定的な意見を言わないようにしましょう。相手が自分の趣味について話しているのに「自分は興味がないですね」というようなリアクションをとってしまっては、話は続きません。「すごいですね!」「楽しそうですね!」「おもしろい!」という態度で聞くようにしましょう。

2.タイミングの良い相槌

黙って聞いているだけでは、「話を聞いてる?上の空なんじゃない?」と思われてしまいます。きちんと相手の顔を見ながら、相槌を打つようにしましょう。

3.次につなげるようにする

婚活パーティーは出会いの場です。その場だけで盛り上がっても、次につながらなければ意味がありません。例えば「エスニック料理が好きなんです」という話が出たら、「ご一緒できたらいいですね」というように、次に会う機会につなげるようにしましょう。

自分が話下手であっても、相手が話してくれれば会話は続きます。そして「話しやすい相手」というのは、好意を持たれます。

聞き上手になる会話術を身につけて、自信を持って婚活パーティーに参加しましょう。

男性の婚活にアピールは不要

婚活パーティーや出会い系やその他イベントで結婚相手を探す人は多いかと思います。身近なところに結婚相手候補がいれば良いのですが、そのような相手がいない人も多いはずです。

そういうときは、婚活パーティーやイベント、出会い系サイトで相手を探せば手っ取り早く、また簡単です。結婚相手の候補は無限に見つかりますし、仲を深めていけば交際に発展します。

モテようと思うとどうしても「収入の高さをアピールしたい」「面白い話で笑わせたい」「聞き上手と思われたい」「筋肉をアピールしたい」「イケメンに見せたい」「ほめ上手と思われたい」「優しさをアピールしたい」といった発想になりがちです。

しかし、多くの女性はそれほどそういったことを望んでいません。もちろん自然に上述したような魅力があれば良いのですが、自分からアピールするメリットはありません。アピールすることに対して「自慢してくる人」「たしかにスペックは高いが嫌味な感じ」といった印象を持たれる可能性が高いです。

そして、上述のような魅力がなくても問題ありません。多くの女性は結婚相手となると特に「自然体で一緒にいられること」を無意識に重要視します。つまり、自然にある程度会話が盛り上がり、自分の何気ない話と相手の何気ない話がバランスよく混ざっていれば、それがベストです。

何かに優れていたり特別優しいことよりも、適当に会話が続いていれば、相手は「私はこの人となら自然体でいられる、相性が良いのかも」と思う可能性が高いです。

婚活疲れにご用心!「うつ」にならないためのコツ

現在進行形で婚活に励んでいる方、メンタルケアは万全ですか?

  • 合コンに行っても相手にされなくなった
  • 友人の結婚や出産の報告が増えてきた
  • 親から「早く孫の顔が見たい」と催促されている
  • 上司から「まだ結婚しないの?」と聞かれる

上記のような「結婚適齢期あるある」にさらされて婚活を始めた—なんて話をよく聞きますが、同時に婚活疲れで「うつ」を患ってしまうケースも増えているようです。

婚活疲れ(うつ)とは?

一生懸命婚活に励んでいるけれど良縁に恵まれない…そんな状況が続くと、「婚活疲れ」に陥ることがあります。

婚活に関する情報を耳にするだけで気分が落ち込んだり、「自分は何をやってもうまくいかない」「必要のない人間なんだ」と思い込み、最終的にはうつ病になってしまうことも。最近は女性だけでなく、男性の「婚活疲れ」も増加傾向にあるので、男女問わず注意が必要と言えます。

婚活疲れにならないためには

その1:一人で悩まない

婚活していることを家族や友人に隠していて、自分一人ですべて抱え込んでしまう人は要注意。自分が今置かれている状況を話せる相手がいれば、客観的に判断してアドバイスをもらうことができるので、婚活を続けるうえでは必要な人材と言っても過言ではありません。

その2:特技や趣味で気分転換をする

一日中婚活サイトとにらめっこをしたり、休日は婚活パーティのはしごをする……といった生活を続けていると気が滅入ってくるかもしれません。
そんな時はいったん婚活のことは忘れて、趣味や特技に没頭してみましょう。リフレッシュすることでストレス解消になりますし、もしかしたら同じ趣味を持った方と出会える…かも?

その3:とにかく焦らない

婚活に限らず、焦りは良い結果を得られないことがほとんどです。「1年以内に絶対結婚する!」などと目標を定めてしまうと、ダメだった場合のダメージが大きくなってしまいます。無理せずじっくり取り組むよう心がけましょう。

その4:辛くなったら休む

もしかしたら婚活疲れかも? と思ったら、しばらく婚活をお休みしましょう。「結婚できなかったらどうしよう……」ではなく、「結婚がすべてじゃないよね」と肩の力を抜いたとたんに良縁が巡ってきた、なんて話もよく聞きます。

上記を参考にメンタルケアをしつつ、婚活ライフを楽しんでくださいね。

婚活パーティーのマッチング率に惑わされるな!

皆さんは婚活パーティーに足を運んだことはありますか?

私は一時期、婚活パーティーを開催している会社に勤めたことがあるのですが、婚活パーティーのシステムに疑問を持った事があるのでご紹介いたします。

というのも、どの婚活パーティーでも誇るべき情報として「高いマッチング率」を公開しているのです。

この「マッチング率」、おかしいと思ったことはありませんか?

大手婚活パーティーには「マッチング率40%」なんて書いてありますが、参加している男女の約半数がマッチングしていたら、婚活に悩む男女なんてすぐにいなくなりそうなものですよね?

実は仕組みがあるのです。パーティーの終盤にマッチングしたい異性の番号を紙に書くのですが、その候補が3人まで選べたりします。パーティーによって若干の違いがありますが、第3候補の男性と第3候補の女性でマッチングしたりするのです。

おかしいですよね? パーティーを主催している会社から「妥協してでも相手を選べ」と言われているのと同義です。

特に女性に多い傾向にありますが、妥協したくないから婚活パーティーなんかに足を運んでいるのです。

容姿も気にしない。内面も気にしない。年収も気にしない。フィーリングが合えば良い。

そんな異性いっぱいいます。それと結婚は別問題だと考えるから結婚できないのです。

結婚への価値観は人によって違います。簡単に結婚できる人もいれば、こだわりがあるからそう簡単に結婚相手が見つからないという方もいます。

しかし、婚活パーティーに参加する男女は総じて結婚にこだわりのある方です。

そんな方々が「第3希望の相手」とマッチングしたからと言って交際したいと考えますか?

大半の方は考えないでしょう。マッチングした瞬間に「あぁ~、第1希望の女性が良かった」とか「第1希望の男性と比べるとやっぱりちょっと……」なんて考えるに決まっています。

突き詰めるとミスマッチなマッチングも「成立した」に含めているから高いマッチング率を誇っているのです。

是非婚活パーティーに参加しようと考えている際には、「高いマッチング率」に惑わされるのではなく、「誠意あるシステム」で選ぶようにして下さい。

好みの異性がいなかった場合には、マッチング相手を選ばなくても良いような会社で婚活するようにしましょう、

きっと素敵な出会いが見つかると思います。

趣味や特技を生かした婚活パーティなら話下手でも安心!

婚活パーティに行ってみたいけど異性と話すのが苦手、何を話していいか分からない……という人にオススメなのが、趣味や特技を生かせるパーティ

大手婚活サイトでは、ちょっと変わったテーマの婚活パーティが続々開催されています。

今回はその中から目を引くパーティ3つをご紹介。

残念ながら定員や日程の関係で参加できないものもありますが、婚活パーティへのハードルが低くなったら嬉しいです。

ねこカフェ貸し切りパーティ

『PARTY☆PARTY』にあったのは、ねこカフェで開催される婚活パーティ。

将来ペットを飼いたいかなど、自然と結婚を意識した会話もできます。

可愛いネコを見ながら、表情も気持ちもリラックスして話せそうですね。猫に夢中で人と話さなくなってしまわないようご注意を。

婚活クッキング(担担麺作り)

『ゼクシィ縁結びパーティー』で開催されたのは、担担麺を作りながらの婚活パーティ。もちろんプロ講師のレクチャーつきです。

料理が好き、得意な人にはピッタリです。料理をしながらなら自然と会話も弾みそう。

作業があることで、会話への緊張感もほぐれます。最後に自分たちで作った料理を食べるというのも良いですね。

謎解きアドベンチャー

『WhiteKey』は大掛かりなイベントを開催、その名も謎解きコン。

体験型謎解きゲームだからこそ感じるドキドキワクワクは、初対面の緊張を超えるものです。気づいたらずっと一緒に行動してた、なんてこともあるかも。

夫婦の出会いが謎解きなんて、映画みたいですよね。結婚式では是非話したいエピソードになります。

婚活パーティーでモテる男は【女性を見る力】を有する男

男性にとって、大きな出費となる婚活パーティーで成功したいと思うのは至極当然です。

そこで、「婚活パーティでモテる男は平均的な男」でも書いたことですが、自分にとっての長所は、相手にとって良く見えるとは限らないものです。

しかし、普通に清潔感があって、普通に会話をして……ということであれば、やはり周りのライバル男性と比較しても、相手に普通のイメージしか与えないことにもつながります。

「気取らずにさりげなく」というのも確かに大切なのですが、婚活パーティーは他の男性との差を付けないといけません。サクラでなく、本気で男をゲットしたい女性は、婚活パーティーに絶対成功したい気持ちで臨んでいるものです。単に普通のイメージでは本気の女性のハートを響かせるのは難しいといえます。

女性に好イメージを与えるには、もうワンパンチが必要になり、周囲の男性陣との差異を図る必要性がでてきます。

では、普通に会話できるとして、何をプラスアルファすればいいでしょうか。

それは「女性を見る力」です。ここでいう【見る】というのは、相手に興味を持つということです。単純に自分をアピールするだけなら他の男性陣も同様にアピールしまくっています。

そこで、少ない時間でもその女性に興味を抱いているという点をアピールしていきましょう。

自分の話の流れで「○○さんはどうですか」と相手の返答を促したり、その回答に対して肯定的な意見を述べておくと、「自分に興味を持ってくれている」という印象を抱かせることができます。会話で一方通行にならず、興味を持っているから会話したいと思わせることに努めましょう。

また、婚活パーティーに本気の女性は、髪型やメイク、ファッションなど相応の気合いを入れて準備しています。しかし、女性の容姿を褒める場合はさりげなく「目に惹かれる」という趣旨の意見を述べましょう。

女性は準備に鏡を必ず使用します。洗面台の大きな鏡や手鏡だろうと、一番見るのは【自分の目】です。その目(瞳)に惹かれるというのであれば、「自分に興味を持っているんだな」という印象を十分に与えることができます。